野田そがわ眼科 | 大阪市福島区海老江の眼科 | イオンスタイル野田阪神 開く 開く

野田そがわ眼科 | イオンスタイル野田阪神 | 福島区海老江の眼科

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江1-1-23 イオンスタイル野田阪神 3F

野田そがわ眼科 | 大阪市福島区海老江の眼科 | イオンスタイル野田阪神

24H Web予約

06-6342-6570

イオンスタイル野田阪神3F

日帰り白内障手術

白内障について

白内障とは

目をカメラに例えると、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。その水晶体が濁った状態になるのが白内障です。

  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違うなど

白内障手術とは

白内障が原因で生じている症状や視力を改善させるためには手術が必要です。

手術を受ける時期の目安

  • 老眼鏡をかけても新聞が読みにくく感じる
  • 眼鏡が合わなくなり新しくしたが、あまり見え方が変わらない
  • 車の運転が不安
  • 趣味(ゴルフなど)のときに不安を感じる

どの程度不便さを感じているかやご事情など(免許更新 等)を踏まえて患者様と相談しながら手術の時期を決め、白内障手術を行っています。

現在、白内障の手術は主に、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し(超音波水晶体乳化吸引術)、眼内レンズを入れるという方法で行われています。白内障が進行して、核が固くなっている場合は、水晶体の核を丸ごと取り出すこともあります(水晶体嚢外摘出術)。

手術までの流れ(注意点など)

問診
患者さまの眼の状態やお体の健康状態についてお伺いします。
精密検査
白内障の有無、症状の進行具合など確認します。白内障手術でご紹介の患者様は手術日を決定します。
術前精密検査
手術に必要な精密検査を行います。 当院初診の患者様はこの時点で手術日を決定します。
眼内レンズの決定
移植する眼内レンズの決定、最終確認を行います。
点眼
手術日の3日前から抗菌の目薬をさします。
手術
手術は片眼10~15分ほどで終了します。 (白内障の進行具合によって時間は変動します)
帰宅
手術後、体調が落ち着きましたら、お付き添いの方と一緒に帰宅していただきます。

注意点

日帰り手術は、術後の注意点を守ってさえいれば比較的自由に日常生活をすることができます。しかし、目の中の手術である以上、感染症など術後合併症が起こる可能性は0ではありません。手術前にスタッフより説明をしておりますので順守して下さるようお願いいたします。

入浴
手術当日は入浴できません。翌日からは首から下の入浴は可能です。
洗髪・洗眼
手術後3日目までは、直接目に水が入るような洗髪・洗眼はお控えください。その間は、美容院での洗髪や蒸しタオルで顔を拭くようお勧めします。数日の診察で問題なければ、洗髪・洗顔ができるようになります。
お化粧
アイシャドウ・アイライン・マスカラ等の目の周りの化粧は感染の誘引となりますので3日間はお控えください。
手術翌日から、眼の周りはさけ、ファンデーション・眉のお化粧はできます。
TV・読書
手術当日から可能ですが、目が疲れない程度にしてください。
飲酒
術後3日間はアルコールをお控えください。
仕事
デスクワークなどのお仕事は手術翌日から問題はありません。目に力が入るような力仕事や作業などは術後4日程度お控えください。
運動
ウォーキングは翌日から可能です。ジム、筋トレ、ゴルフ、テニス、ヨガは手術後4日程度はおやめください。プールは術後1か月程度はお控えください。

眼内レンズの説明

眼内レンズは「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類あります。白内障手術では一般的に単焦点レンズの眼内レンズを使用します。
単焦点眼内レンズは、ピントの合う点が1点のみ(遠方(~5m程度)、中間視(1~2m程度)、近方(~50cm程度))になります。どの距離にピントが合うレンズが最も最適かは、元々のピントの合っている距離やその方のライフスタイルによって異なります。遠方の見え方を重視すると近方はピントが合わないために老眼鏡が必要になります。
逆に近方の見え方を重視すると、遠くを見るときには近視用のメガネが必要になります。この欠点を補い、できるだけメガネを使いたくないというニーズに応えるために登場したのが多焦点眼内レンズ(自由診療)です。

取り扱いレンズ

AMO社 ZMB

着色されていない透明な回折型多焦点眼内レンズで、昼夜を問わず、遠方と近方にピントが合うように設計されています。
近方のピントは30cm、40cm、50cmに合う3種類で、ライフスタイルによって使用するレンズを選択します。
非球面構造になっているため、よりシャープな見え方が期待できます。また、アクリル素材で長期にわたり透明度が保たれる仕様になっています。

アルコン社 PanOptix(パンオプティクス)

PanOptix(パンオプティクス)は、アメリカのアルコン社から発売された3焦点多焦点眼内レンズで、日本国内初承認の3焦点眼内レンズです。遠方(5m)・中間(60cm)・近方(40cm)3点での見え方に優れ、眼鏡使用頻度の大幅な減少が可能です。高い光透過率(88%)により、遠方・中間・近方のすべての距離において鮮明な視覚が得られます。約95%の人が手術後に眼鏡をかけなくても生活できるようになったというデータもあります。乱視を矯正できるトーリックレンズもあります。

アルコン社 アクティブフォーカス

中心領域が遠方に光を100%配分する特殊な構造と、瞳孔径に応じて光を最適配分する「アポダイズ回折」デザインが組み合わされています。これにより、遠方から中間・近方の見え方が強化されており、遠方を見た際のにじみやぼけが低減されています。

また従来の多焦点レンズよりもグレア・ハロー現象を抑え、色彩の濃淡も区別しやすくなっています。 夜間に運転する機会が多い方、ゴルフや卓球などのスポーツを楽しみたい方など、アクティブなライフスタイルを好む方により適した眼内レンズです。

費用について

単焦点眼内レンズ及び乱視度数加入付き眼内レンズ(トーリックレンズ)については、通常の健康保険の適応範囲です。焦点深度拡張型眼内レンズについては、自由診療となります。詳細は医師・スタッフにお尋ねください。