野田そがわ眼科 | 大阪市福島区海老江の眼科 | イオンスタイル野田阪神 開く 開く

野田そがわ眼科 | イオンスタイル野田阪神 | 福島区海老江の眼科

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江1-1-23 イオンスタイル野田阪神 3F

野田そがわ眼科 | 大阪市福島区海老江の眼科 | イオンスタイル野田阪神

24H Web予約

06-6342-6570

イオンスタイル野田阪神3F

診療案内

  • 休診日 : 木曜日
  • 社保・国保 各種保険取り扱い

土日祝も診療

※受付時間は午前午後とも30分前までとなります。

※手術:月曜日13:00~15:00

診療内容

日帰り白内障手術

日帰り白内障手術

当院では日帰り白内障手術に対応しております。
最新の検査機器を使い患者様の手術前の眼の状態を正確に把握させていただきます。

手術前の説明では術後の見え方に大変重要な眼内レンズの度数を決定するためわかりやすく丁寧な説明を心がけ、患者様と相談させていただきます。

手術は院長の豊富な執刀経験を生かし、安心・安全な手術を提供いたします。また、看護師もいますので術後も万全のケアを行います。

網膜疾患治療

網膜疾患治療

網膜の毛細血管が切れて出血したり剥がれたりすると栄養がいきわたらなくなり、光に対する感度が鈍くなったり、見にくくなったり、視界が欠けるなどの障害を起こします。レーザー治療の他、抗VEGF硝子体注射などの治療を行います。

緑内障診療

緑内障診療

40歳以上の方の約20人に1人が緑内障であることが疫学調査で分かっています。

一般的に緑内障では、自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。できるだけ早期に発見し、治療を開始することが大切です。

当院では緑内障が心配な方の健診も承りますのでご希望の方は受付にお申し出ください。

眼科一般

目の痛み・かゆみ・視力の低下など、さまざまな目のお悩みや症状について、丁寧に診療、治療いたします。目の不調・不安がございましたら、些細なことでも是非お気軽にご相談ください。

アレルギー性結膜炎・
花粉症(アレルギー検査)

花粉症は症状が出る前に対策を行うことが重要です。

当院では点眼だけでなく、内服薬、季節前投与なども対応しております。また、アレルギー性結膜炎では、原因となるアレルゲンを特定することも適切な治療を行う上で大切ですので、当院ではご希望があれば採血によるアレルギー検査も行っております。

ドライアイ

涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下することにより、目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイといいます。オフィスワーカーにおいては3人に1人がドライアイという報告もあり年々増加傾向にあります。目の乾燥感だけでなく、異物感・目の痛み・まぶしさ・目の疲れなど気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

結膜炎

結膜炎とは、結膜が赤く充血して炎症を起こす病気です。 細菌性結膜炎、ウィルス性結膜炎、アレルギーで起こるアレルギー 性結膜炎など様々な種類々があります。

小児眼科

お子様の視力について学校健診で眼科の受診を勧められた場合など、ご心配なことがありましたらはお気軽にご相談ください。

当院では視能訓練士も常駐しておりますので安心してご来院ください。弱視治療、色覚検査などにも対応しております。

眼鏡・コンタクトレンズ処方

精密な検査を行い、患者様の目の状態や生活環境にあわせて、適切な眼鏡・コンタクトレンズの処方をいたします。

当院では視能訓練士も在籍しておりますので遠く用、近く用、遠近両用など様々なメガネの相談に応じます。

眼精疲労・老眼

眼を使う作業を続けることにより、眼痛・かすみ眼・充血などの眼症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの症状が出現し、休養をとっても十分に回復しない状態です。老視(老眼)は、40歳前後から始まる老化現象のひとつですが、眼精疲労の要因ともなります。気になる症状がありましたらご相談ください。

オルソケラトロジー

特殊にデザインされたハードコンタクトレンズを就寝時に装用して近視を矯正する新しい治療法です。

レンズをつけるのは寝ている間だけなので、日中は裸眼で快適に過ごせます。また、最近の研究では近視の進行を抑制する可能性があるといわれています。お気軽にご相談ください。

遠視

遠視は、遠くからきた光が網膜より後ろの方で焦点を結ぶ状態で、遠くのものも近くのものもはっきりと見ることができません。近くを見る時だけでなく、遠くを見る時も調節を続けなければならず、眼精疲労を起こしやすくなります。角膜や水晶体の屈折力が弱いために起こる遠視と、眼球の長さが短いために起こる遠視とがあります。子どもの遠視が強いと、弱視や調節性の内斜視が起こりやすく注意が必要です。

乱視

乱視は近視や遠視とは異なる屈折異常です。角膜がラグビーボールのような楕円形で、縦と横のカーブが異なっているため、外から入ってきた光が縦方向と横方向とで焦点を結ぶ位置が違ってしまい、全体がぼやけて見えます。乱視は水晶体が調節を行っても近くも遠くも見えにくいので、眼精疲労も起こりやすくなります。原因は主に角膜と水晶体の歪みによるものです。視力の発達の途上にある子どもの場合では弱視の原因となる可能性があります。

近視

近くの物はよく見えるのに、遠くの物がよく見えない場合の多くは近視です。単純近視と病的近視に分けられ、大半は単純近視で、近視の度も軽く、目に合った眼鏡をかけることで良い視力が得られます。病的近視は、眼球の奥行き(眼軸長)が普通よりも長すぎる状態です。高度の近視の場合は、眼底検査をすると、眼底(網膜・脈絡膜)に萎縮などの変化がみられます。

結膜下出血

自覚症状(痛みや違和感、めやになどはない)が全くなく、突然目が真っ赤になります。白目(結膜)の薄い膜の下の細い血管が破れて、出血した血液が貯留しているため赤く見えます。原因は強くこすった、強い打撲などの直接的物理的原因、首から上の血管がうっ血、圧力によるもの、体調の変化や疲労によるもの、全身疾患の眼障害として出血したもの、急性結膜炎によるものなどが挙げられます。

飛蚊症

視界に蚊やゴミのような物が飛んで見えたり、視線を動かしたとき、それが一緒に移動するように見えたりする病気です。飛蚊症は、あらゆる年齢層に起こりますが、高齢の方や特に近視の人ほど多く見られます。飛蚊症を自覚する重大な病気としては、網膜剥離や網膜裂孔、硝子体出血、ぶどう膜炎などがあります。

霰粒腫

瞼にあるマイボーム腺の出口がつまって慢性的な炎症が起きる結果、肉芽腫という塊ができる病気です。まぶたにころころとしたしこり(脂肪のようなものが炎症により腫瘤となった)ができます。 細菌感染を伴わない無菌性の炎症ですが、細菌感染を伴う場合はものもらいと同じように、赤くなり痛みがでます。これを急性霰粒腫と呼んでいます。

麦粒腫

一般的に「ものもらい」と呼ばれており、まぶたの縁にある脂腺などに細菌が感染して起こる化膿性の炎症がおこります。人にうつることはありません。早めに眼科を受診して抗菌薬の点眼や軟膏、内服などの治療を受ければ、4~5日で治ります。